MENU

CLOSE

ちょっとのつもりが莫大な借金に・・・。債務整理で借金地獄から脱出できた体験談

ちょっとのつもりが莫大な借金に・・・。債務整理で借金地獄から脱出できた体験談

316views

カテゴリ:未分類

ほんの数万円借りたつもりなのに利子だけが膨れ上がり、借金も返すことが不可能な事例が過去にありました。
 昔は、貸金業は借りる側の権利も認められていないために利子も信じられないほどに高く、1万円を借りていても数年後には100万円単位の借金となる例がいくつかありました。
 そのために、消費者を守るために利息制限法という法律ができました。この法律は元金が10万円以下なら20%、10~100万円以下なら18%、100万円以下なら15%以下の利息しかとれないのです。
これで消費者を守ったといいたいのですが、この法律は消費者には不利な法律でした。それは利率が超えた利息を任意で支払ったのですから返還の義務はないのです。そして罰則はありません。
 そして似たような法律で出資法があります。この法律は、出資法といい出資の受け入れ、預かり金及び金利などの取り締まり似関する法律です。この法律には出資の受け入れ、預り金及び金利などの取り締まり似関する法律です。
 この法律では貸金業者は29.2%まで、貸金業以外では、109.5%間でしか利息取ってはいけない。違反したら5年以下の懲罰とまたは1000万円の罰金となっています。
 この二つの法律があるために貸金業者は出資法の上限のすれすれの利率で貸金業を続けているのです。
利息制限法で定められた上限金利と出資法で定められた上限金利の間がグレーゾーン金利といい、2010年の6月の法改正までグレーゾーンの金利設定を行っていました。
法改正後に、グレーゾーンの金利を返してもらうことができる「過払い金返還請求」ができるようになりました。
2007年には、「貸金業の規制等に関する法律」から「貸金業法」と改めて施行させられました。
この法律で、グレーゾーンの金利を禁止したことで、債務者が支払ったグレーゾーン分の利息は借入金の返済として計算をして借入金が全額返済した分を差し引いた金額が、過払い金として支払ったものであり、それは不当な利益となりました。
 それは過払い金請求の必要な書類の開示が貸金業者は請求されたら開示する義務ができました。
 過払い金の請求についても、今では貸金業者は返済することが難しくなってきたために返還請求を出しても返還金が満額受け取ることができない可能性が高くなりました。

過払い金のご相談はお早めに!→借金地獄から脱出した返済方法|体験談で知る完済までの道しるべ