MENU

CLOSE

ギャンブル(パチスロ)による地獄の借金体験談~任意整理を弁護士へ依頼~

ギャンブル(パチスロ)による地獄の借金体験談~任意整理を弁護士へ依頼~

129views

カテゴリ:借金の返済方法未分類

パチスロにはまって自転車操業へ

私は、35歳男性、派遣社員です。昨年、弁護士に委任して債務整理(任意整理)を行い、現在返済中です。
私が多重債務に至った経緯や、任意整理の体験談やお勧めする理由などをお話したいと思います。
私が多重債務になった原因は、ギャンブル(パチスロ)と収入を上回る浪費(ショッピング等)をしてしまったことです。
はじめはショッピング枠のみのクレジットカード1枚のみ所有していましたが、返済もままならなったため消費者金融に手を出し、総量規制いっぱいになったところで、最終的には銀行系カードローンからも借入してしまいました。任意整理時は、クレジットカード1枚、消費者金融3枚、銀行系カードローン1枚を所有する状況で、債務額は、クレジットカードで150万円、消費者金融80万円、銀行系カードローン50万円でした。ちなみに当時の年収は220万円ほどでした。
任意整理直前は、毎月の返済額が収入を超える金額となっており、それまでも自転車操業の状態でしたが、それも限界となったため、債務整理を検討することにしました。まずネットで債務整理について調べたところ、借入原因がギャンブルや浪費の場合、自己破産や個人再生が認められないケースがあることと、裁判所から各種の通知が届くため、家族にバレる可能性があったことから、誰にも気づかれない形で進めることが第一優先だった私は、任意整理で進めることを決意しました。
任意整理の場合、自分で業者と交渉して進めることもできるようですが、迅速に進める必要もあったので、弁護士に委任することにしました。
最近は個人の弁護士事務所や司法書士も債務整理業務を行っているようですが、大手であればこの手の案件も多く手掛けており、任意整理や過払い金交渉も確実に進めてくれると思い、最終的にはネットの口コミや費用などを加味し、CMでもよく見かける某大手弁護士法人に委任することにしました。
早速電話で相談日時の予約をし、後日事務所へ。まずは、事務員から多重債務になった理由や現在の収入の状況をヒアリングされました。借入理由は恥ずかしくてなかなか答えづらい部分もありましたが、「今更ごまかしても仕方がない」と思い、正直に話しました。事務員の方も慣れたことなのか、特に問いただすようなことも無く、淡々と話を進めていました。その後弁護士を交え、毎月の返済額の話となり、毎月5万円を支払い、約5年で完済する計画で進めてもらうようお願いしました。正直返済額が少ないかなと思いましたが、特に増額要求も無く、了承してもらいました。

借金の返済方法


返済方法は、毎月5万円ずつを弁護士事務所の口座に振り込み、事務所から各業者へ振り込んでもらう流れになるという説明を受け、早速相談した月から振込することになりました。なお、弁護士費用(着手金)は約15万円でしたが、実際に業者への返済が始まるまでの振込金が充てられることになり、一括で支払う必要はありませんでした。
相談から3カ月経過後、任意整理および過払い金交渉とも、無事成立したという交渉結果が書面で届きました。毎月の返済額も当初の希望通り毎月5万円となりました。
任意整理をすると、しばらくローンを組むことができないことはデメリットになります。しかし、借金の事ばかり考えて他のことがおぼつかなくなり、給料日がきても返済に追われた日々を思うと、圧倒的にメリットが大きいと思います。ローンを組めないことは、これまで散々浪費してきた自分へのペナルティととらえ、前向きに考えています。派遣社員の身で給与も決して高くはない中、毎月5万円の返済は楽ではありませんが、きちんと完済して人生をやり直したいと本気で思っています。現在は、給料日に弁護士事務所へ振込をし、あとは趣味に少し費やしたり、貯金をすることができるようにもなり、精神的には本当に楽になりました。
自分もそうでしたが、借金の事を他人に話すということは、たとえ相手が弁護士であっても本当に勇気のいることだと思います。私も債務整理を決断し、弁護士に相談するまで、相当腰が重かったように思います。ただ、今思えば、自転車操業で債務が膨らむ前に弁護士に相談すればよかったと、本当に後悔しています。
もし、多重債務でお悩みの方は、一刻も早く専門家への相談をお勧めします。そして、一人でも多くの方が「普通の生活」を取り戻せたら…と思っています。

任意整理で借金地獄から脱出!優良な弁護士はここで選べ!