MENU

CLOSE

ローンの支払いに行き詰まり借金地獄に陥ったら債務整理で脱出を!

ローンの支払いに行き詰まり借金地獄に陥ったら債務整理で脱出を!

28views

カテゴリ:借金の返済方法

ローンの支払いや借金の返済で行き詰った状態にあってどうしたらいいのかがわからない方は、
少なからずおられます。
途方に暮れていたり、督促に怯えたりしているとしたら、是非一度お読み頂きたいと思います。

<h3>今の状況は如何ですか?</h3>
お金を借りてしまう理由には様々な要因があると思います。
通常はきちんと返済する意思を持ってキャッシングをしたり、カードローンをしたり、
比較的軽い気持ちで借金をしてしまうのだと思います。
しかし、不測の事態が発生してしまって月々の支払いをすることができなくなる事もあります。
それがほんの一か月か二か月だけのことならいいのですが、
返済が滞り常態化してしまうと、日常生活に大きな問題が発生してきます。
連日債権者から携帯電話に電話がかかって来たり、自宅に電話がかかってきたりすることになります。
電話に出ないと、職場にまで電話がかかることもあります。
こういう事態に陥ってしまいますと、精神的にまいってしまうことでしょう。
毎日の生活が憂鬱になり、かかって来る全ての電話に怯えることになってしまいます。
更には、返済が滞る事によってカードの使用が制限されたり、カード自体が使えなくなることになることもあります。
理由は如何にせよ、生活をする上でカードや借金が必要な状況だったはずですから、
カード使用ができなくなってしまいますと、本当に生活が暗くなり、絶望的な気持ちになることでしょう。
この様な状態に陥らない様に毎月きちんとお支払いをすることは当たり前ですが、
それができなくなってしまったとすれば、できるだけ早めに法的な整理をすることをお勧め致します。

<h3>法的整理は救済策なんです</h3>

法的整理と言うのは、法律に定められた方法で債務額を少なくしたり、全ての債務を免除してもらう手続きのことを言います。
通常は任意整理や自己破産という手続きのことを法的整理を呼びます。
任意整理というのは余り聞きなれない言葉ですし、自己破産というのはすごく否定的な響きがする言葉ですが、既にお支払いが滞っている事実がある上に、毎日の生活に支障が出ている訳ですから、法律によって保護されたどちらかの手続きに頼るのが最も適切な方法だと言えます。
 任意整理は借金の返済(債務)を継続しながら、返済方法や金額を調整して無理の無い返済が行える様にする制度のことを言います。
裁判所は何ら関与しないので、書類を準備する必要もありませんし、比較的に簡単な手続きと言えます。
一方自己破産というのは、債務を全て免除してもらう手続きのことを言います。
裁判所に申し立てをして、破産宣告を受けることにより債務を免除させるので、
多くの書類の提出を求められます。
 お金がなくなって支払いが滞ったから頼るきちんとした制度ですが、欠点があります。
それは任意整理も破産も共に手続きをするのに一定額の費用がかかるという事です。
任意整理は比較的安価での対応が可能ですが、自己破産の場合は弁護士や裁判所への費用が相当掛かりますので、100万円程度の費用がかかるのが一般的です。
頭金を支払えば手続きに着手して、必要な残額を後払いしてくれる弁護士さんもいますから、
探してみて下さい。
相談する余地は残されています。
弱者の味方となってくれる弁護士さんは世の中にいるのです。

<h3>まとめ</h3>

 法的整理は法律に認められた敗者復活の為の制度です。
失敗者の烙印を押す為の制度と誤解されている向きがありますが、
法的整理というのはむしろ再起を促す為の仕組みなんです。
早めに司法書士、弁護士さんにご相談する事をお勧め致します。

弁護士さんへのご相談は、借金地獄から救ってくれて借金完済までできた弁護士さんをご覧ください