MENU

CLOSE

取り戻そう!自分のお金!

取り戻そう!自分のお金!

1061views

カテゴリ:借金の悩み・疑問

借金をしたことがある人で「過払い金」という言葉を知らない人はいないでしょう。
過払い金とは、文字通り「払いすぎたお金」という意味です。ここでいうお金とは金利のことですが、ではどうして金利を払い過ぎるようなことになったのでしょうか。金利に関して利息制限法と出資法という2つの法律がありました。この法律の上限金利が異なっていたことが過払い金が発生する原因となったのです。前者の上限金利は20%、後者は29.2%と異なっておりその差はグレーゾーンと言われていました。29.2%以上の金利を取ると刑事罰が科せられるため消費者金融やクレジット会社ののキャッシングなどでは上限いっぱいの利息をお金を借りた人から取っていたのです。しかし、最高裁判例でグレーゾーン金利を認めない判決が出て法改正が行われ、2010年に上限金利が利息制限法と同じ20%となりました。そこで払いすぎた利息を返還するようにと、不当に高い利息を払わされていた債務者が過払い金返還請求訴訟を全国で起こすようになったのです。その結果高い金利でぼろ儲けしていた業者が倒産に追い込まれ武富士のケースなどは記憶に新しいところではないでしょうか。過払い金は長期にわたり返済していた人ほどメリットが大きいものです。実際に利息制限法の金利で再計算したらお金を取り戻すことができたり、取り戻すことができないまでも、残債務の圧縮ができた人がたくさんいます。自分の借金で過払い金が発生しているかどうかは業者から取引履歴を取り寄せたうえで、計算ソフトで必要な数字を時系列的に入力するだけで簡単にわかりますし、そのソフトはインターネットで無料ダウンロードができます。また、法律事務所も無料で計算してくれるところがたくさんあるので心当たりがある人は是非一度検討してみることをお勧めします。払いすぎた自分のお金を取り戻しただけすから一般にブラックリストに載ることはありません。しかし、金融業者の体力はかなり弱っているのでいくら権利があるからと言って全額取り戻すことは難しくなっています。また、返還請求の根拠は不当利得返還請求に基づいているので最終支払日より10年経過すると時効となってしまいます。業者が倒産したり時効になってしまうと元も子もありません。お金は黙っていては戻ってきません、取り戻すためには自分が行動を起こすしかないのです。過払い金が発生している可能性がある人は早急に専門家に相談してみましょう。

自分に合う弁護士を探すなら、街角法律相談所がおすすめです。