MENU

CLOSE

ギャンブル依存でも自己破産はできる?デマ情報が多い背景とは

ギャンブル依存でも自己破産はできる?デマ情報が多い背景とは

181views

カテゴリ:体験談

ギャンブルが原因でも債務整理が出来ることも

債務整理は借金を減らすことが出来る仕組みで、任意整理や自己破産など様々な方法があります。しかし、債務整理の許可が下りない可能性もあります。これは免責不可理由といい、ギャンブルなどによる浪費は自己責任であり、国や法律で救済するという決まりがあるからです。

そのため、債務整理の手続き自体をあきらめて借金地獄に耐える人も存在し、場合によっては自ら命を絶つなど不幸な事態に陥るケースもあるのです。注意したいのは免責不可になるのはあくまで原則であり、例外が存在することです。ギャンブルで借金を重ねて財産を失った人の破産などを認めなければ、ギャンブル依存症の人などは再出発するチャンスすら与えられないことになります。

全ての人を見捨てることは憲法の理念に反する部分があるため、最低限の救済策として債務整理が認められる場合があるのです。原則は原則で、個人の事情に応じて救済される可能性があることは大きなポイントです。実際にギャンブルで借金を重ねた人でも債務整理で人生を立て直した人は存在し、更正しているケースもあるのです。

ギャンブルが原因の借金だから債務整理が出来ないというわけではないため、弁護士などの専門家に相談するのがおすすめになります。ポイントになるのが、反省の態度や生活の改善姿勢を示さなければ免責不可になる可能性が残ると言うことです。

具体的には弁護士などと相談の上で対策を練ることになりますが、ギャンブルを止めるための努力や、病院でギャンブル依存の治療を受けるなど、努力の証明が必要になります。自己破産などを認める代わりに、一定期間経過の観察が行われるケースもあります。期間中に問題があれば借金の支払いを続けなければならなくなるケースもあるため注意が必要です。

手続き中は借金の支払いが停止するのも魅力

借金地獄に陥り、食べるものにも困るような状態になっている場合は、一度弁護士や行政書士に相談するのがおすすめです。これは自己破産などの債務整理の手続き中は借金の支払いを停止出来るからです。複数の金融機関から借金をしている場合は、それぞれの金融機関に平等にお金を返すことが求められます。

手続き中に支払いをしてしまうと不平等などが起こってしま可能性があるため、借金の支払いを一時的に停止出来るのです。もちろん、自己破産が受理された場合はそのまま支払いが免責され、帳消しになります。

仮にうまくいかなくても借金が停止されている間に貯金をすることや、生活を立て直すことが可能になるのです。交渉することで支払い金額や利息が軽減される場合もあります。金融機関も取り立てを厳しくして、自己破産されると借金の回収がまったく出来なくなります。

一部でも回収出来た方がプラスになるため、個別に交渉が出来る場合があるのです。交渉が良いのか、自己破産がよいのかはケースによって分かれます。自己破産をしてしまうと持ち家や車を含めて処分しなければならないケースが出てきます。借金の減免であれば、家に住みながら返済することも可能になります。

人によってどの債務整理が最適かが異なるため、実際に弁護士に相談した方がわかりやすいのです。注意したいのは、借金を隠したり、財産を隠そうとした場合です。正確な財産や借金の情報を伝えないと、不誠実な態度と捉えられ、債務整理が認められない原因となります。

基本的に借金に関する情報は隠そうとしてもばれる仕組みになっているため、正確に申告する必要があるのです。また、自己破産をしても、完全に無一文になるわけではないのもポイントです。当面の生活費や最低限の家財道具は残せるようになっているため、生活自体に困窮するケースはあまりないのです。